4月
16
2012

高脂肪の食事

北海道大学のグループ研究で、高脂肪の食事を摂っていると、消化液が腸の善玉菌を倒してしまい、腸内環境のバランスを崩してしまうことが分かりました。

普通に食事をしている人なら、腸内に1割ほどは乳酸菌などの善玉菌が生息しているようです。 しかし、高脂肪の食事を摂っていると、腸内には善玉菌がほとんど発見されなかったという研究結果でした。

私の場合、便秘を解消するために、毎朝ヨーグルトを食べるようにしています。 ヨーグルトを食べていれば、少しは高脂肪の食事を食べても大丈夫なんでしょうかね? やっぱりジューシーなお肉や、フライなどの揚げ物は、好んで食べてしまうので、そればかりだと、高脂肪の食事になってしまいます。

北海道大学のグループ研究の研究結果を参考に、少しは体に良い、健康的な食事を摂ることを心がけて行こうと思います。 でも、毎日食べているヨーグルトのおかげか、最近はお腹の調子は順調です。 健康な腸内環境にするためにも、高脂肪の食事を控えて、善玉菌の乳酸菌を増やすようにしたいですね。

Comments are closed.